×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日払いバイトについて

日払いバイトとは、期限30日以内の日にちを決めて雇用される雇用形態のことです。日払いの雇用形態は多く、現場仕事の作業員の大半を占めてるとも言えます。日払いバイトの特徴としては、働いたその日にバイト代が貰えるというケースがおおいようです。時間がいつも決まっているわけではないので、自分の好きなように働くペースを決めることができます。会社勤めのように人間関係のストレスなど受けることもないみたいです。派遣会社がこの日払いバイトを紹介斡旋する、ということも増えてきているようです。登録して、好きなジャンルの仕事を好きなときに出来るとゆうのです。若者の間では、こんな派遣登録による日払いバイトをする人も増えています。日払いの仕事は、少し前までは現場の仕事ばかりだったのです。今ではその幅もずっと広くなり、販売、引越し業者の仕事、また工場内での仕事やイベントスタッフなどもあります。リストラや就職難といった理由で仕事を持っていない人にとっては、とりあえずすぐ働けると言う点で、この日払いバイトは都合がいいもののようです。最近では携帯電話で登録できるので、手軽に仕事が選べることもあり、日払いバイトで生計を立てている人も増えてきています。

日払いバイトの良い所悪い所

日払いバイトのいいところというと、まず時給が高めだということ、自分の都合に合わせて時間を選べるということでしょう。ほとんどの仕事が日払いで賃金が支払われるので、すぐに収入が必要なときには役立つでしょう。時給1,000円といったところが時給の相場のようです。しかし、仕事内容は比較的ハードな場合が多く、時給と照らし合わせた場合、それほど高いといえるかどうかわからないともいえるでしょう。ハードな仕事に耐えられなくて、仕事を抜け出てしまったなどといことは、たまに聞く話です。その逆に楽な仕事が全くない、というわけではありません。ただ、日払いバイトは交通費が出ることがほとんどありません。近いところならばまだいいのですが、仕事場が遠ければそれだけ負担がかかってしまいます。まず社会勉強も含めて、自分が知りたい分野での仕事を経験するためや、人脈を作っておくなどのために、この日払いバイトというものをやってみるのはいいかもしれません。定職が見つからないときなど、きちんと働けるようになるまでの間などに日払いバイトをすることに問題はないと思いますが、ずっと続けることにはかなり大変な部分があるかもしれません。ずっと続けるとすると、時給が上がらないという点は、何よりも苦しいと言えるでしょう。毎日仕事があるとはかぎらないので、生活が安定しないといえます。

日払いバイトの注意点

日払いバイトで、一番注意して欲しいのは、「募集広告はよく読めという教訓」です。これは、ほとんどの日払いバイト経験者は感じていることです。特に人材派遣会社での日払いバイトだと、作業着(制服)貸与と交通費別途支給の2文字は要チェックです。この言葉がなければ、日給額が高額でも、全て差し引かれてしまいます。5時間働いて1800円。。。 こういうケースも結構あります。作業着って高いんです。気を付けて下さいね。短期バイトも然りです。

Copyright © 2007 - 日払いバイトの裏